神戸ネタ

神戸元町のうなぎ屋「青葉」でうな重&きも焼を食べてきた

神戸でおいしい鰻が無性に食べたくなって、日曜日の夕方15時半頃、青葉神戸元町店に伺いました。

三宮にも店舗を構える本格的なうなぎ屋さんです。

お腹いっぱい食べてきたので食レポしていきます。

青葉元町店へのアクセス

定休日: 月曜日

青葉元町店の近くに競馬の神戸ウィンズB館や関西みらい銀行などがあります。

ウィンズはA館B館があり、B館は地下鉄みなと元町方面にあるのでご注意ください。

お店は45席あり、予約も可能です。

▼青葉元町店へのアクセスMAP

関連ランキング:うなぎ | みなと元町駅花隈駅元町駅(JR)

 

青葉元町店のうな重を食レポ

今回は夕方時15時半頃に行きました。

元町商店街の路地裏にあるので、目標を決めてアクセスした方が迷わないでしょう。

 

店内はカウンターはなく、テーブル席のみの落ち着いた雰囲気です。

時間帯が夕方だったので、お店には、常連らしきお客さん1人でした。

メニューはこんな感じ。

うな重ときも焼を注文しました。

先に温かいお茶と、お漬物、追加でかける用の鰻のタレがやって来ました。

まず、鰻を焼いている香りが店内に漂って「鰻アロマ」が心地良いです。

10分くらいして、うな重がきも焼きと一緒に到着しました。

うな重はボリュームたっぷり。

青葉さんは関東風のうな重らしく、

鰻の背中側を開くスタイルだそうです。

確かに、なんとなく、蒲焼きの見た目が、いつものうな重と違うような気がします。

真ん中が窪んでいるからでしょうか。真ん中の模様がワイルドに感じました。

関東風だと、鰻をまず白焼きにして箱で蒸らしておき、

お客が来たら素早くタレをつけて焼きあげるそうです。

確かに、うな重で注文から10分って早かったと思います。

参考:関東の背開き、関西の腹開き。うなぎの割き方が違う理由。

食べてみると、蒸されているからか、ふっくらフワフワな食感。

味は意外にあっさりした薄めの上品なお味です。

今まで食べてきた鰻より、白身っぽさも感じました。

食べてきたと言っても、スーパーの蒲焼きがメインですけど。

蒲焼をひっくり返して観察してみると、思ってたより白みが残っていました。

関西風だと、若干焦げて茶色になっているイメージだったので、

これもまた意外でした。

世の中、まだまだ知らないことがたくさんありますね。

よく食べる僕ですが、青葉さんのうな重は普通盛りで十分お腹一杯になりました。

用意してもらった鰻のタレを追加でかけてみたり、

山椒をまぶしてみると、また風味が変わって、最後まで飽きずに食べられます。

きも焼は、歯で簡単に噛み切れるけど、程よく弾力があって、ほんのり鰻の味と香りを感じる上品なお味です。

「きも」と言いつつ、嫌な癖や臭みが全く無くて、注文して良かったと思いました。

1本たった500円ですが、串にたっぷりと刺さっているので、この味ならとってもリーズナブルだと感じました。

結構違う、関西風と関東風

関東風と関西風、僕はどっちも好きですが、思ったよりも違う食べ物になっていると感じました。

関東風のあっさり味を食べたので、次は関西風のうな重を食べてみて、青葉さんのうな重との違いを比べてみたいなと思いました。

青葉元町店の感想

神戸元町のうなぎ屋青葉さんは、関東風の上品なうなぎ料理が味わえるお店でした。

うな重に加えて、きも焼もとっても上品でおいしかったです。

以上です。

▼食べログの青葉元町店詳細はコチラ

関連ランキング:うなぎ | みなと元町駅花隈駅元町駅(JR)

気になる関連記事